FC Veteranosのブログ

FC Veteranos代表の伊藤 浩嗣が主にサッカーとトレーニングについて語ります。

Jリーグとヨーロッパトップレベルの感覚のズレが見れた典型的な場面


[サッカー日本代表] 吉田麻也のVAR必須級のトラップミス。。

 

 

 日本サッカー界のオビワン・ケノービと呼ばれる伊藤です。

 

まずは上の動画を見てください。どうです?

 

ものすごい危険なプレーですね。相手が2流以上の国だったら失点してました。

 

これは吉田のミス? 権田の判断が悪い? どっちなんでしょう?

 

これを私の経験を元に解説しましょう。

 

 

いきなり結論書いても面白くないので、この場面で二人が何を考えていたか推測しましょう。

 

まずは権田。

 

権田「あ、バックパス来た。どうしよー、クリアするのもったいないな、あ、敵来ちゃった、敵が近いけど吉田に出しとこ、後から来てるけどたぶん取られないだろ。

 

そしてこの時、吉田は

 

吉田「前に着けられないからキーパーに預けよう。リターンが来るかもしれないから周り見とこ、あっ敵近いからパス来ないな、うわっ敵が近いのにパス来たっどうしよ、ボランチ空いてたけど後ろから敵来てる、クリアするか?!やべっどうしよー!」

             ↓

          トラップミス

 

たぶんこんな感じ。この場面でなぜ吉田は焦ってしまったのか?

権田は吉田なら処理できると思ってパスを出したはず、

でもおそらく吉田は8割方パスは来ないと思っていた。

この認識のズレが致命的なミスになっていた。

なぜ認識がずれるのか。

 

それはJリーグプレミアリーグのフィジカルコンタクトの許容度の違いがあるからだ。

おそらくJリーガーの認識では、敵が後ろから来ても身体が入っているから、

そうそう失うことはないだろうと考えるだろう。

 

 

 しかし当たりが激しい国ではそうはいかない、後ろから激しく当たられて倒れても笛がならないことがあるからだ。

 

 

 倒れなくても強く当たられると次のプレーが物凄く制限され、遅くなる。その間に相手はパスコースを消して、さらに寄せてくる。

 

 こうなると非常に危険なのはわかるよね?フィジカルコンタクトの許容度の違いでここまでプレー難度に差が出る。

 

 実際、乾がブンデス二部でやってた時に、低い位置でボールを受けた時に後ろから思いっきり当たれて倒れたけど、笛が鳴らずそのままボールを奪われて失点、という場面があった。

 

 だから日本と他のリーグでは背を向けた時のプレー難度は違うんだ。ジャッジの基準が違うから、

 

 繰り返すけどこういうプレーをレベルが高い相手に

やると致命傷になるんだよ。

 

 これを解決するには日本のジャッジの基準を

 ヨーロッパのトップに合わせるしかないんだけど、

世界基準がどうのこうのと言ってる割には、

そういう所は合わせようとしているようには見えない。

 

 

 ルールが変わらないと同じ土俵に立てないから、早く何とかした方がいいと個人的には思うけどね。

 

  

 

  

 

 

 

 

サッカー界だけでなく、スポーツ界を蝕むオナニー指導者

みなさん、こんにちは。サッカー界の汚い松岡修造と呼ばれる伊藤です。

 

  前回はサッカーつまらなくさせるオナニープレーヤーをテーマに記事を書きましたが

 今回はそのオナニープレーヤーより悪い意味で影響が

大きい、オナニー指導者について書きます。

 

  昔からいつかは書こうと思っていた、このオナニー指導者。

 

なぜならこのオナニー指導者のおかげで日本のスポーツ界の発展が妨げられ、スポーツの楽しみがなくなっているからです。

 

 

  まずは典型的なオナニー指導者のタイプを挙げてみよう。

 

1  相手の事を考えず自論をひたすら

   押し付ける体育会系タイプ

 

2  偉そうに指導することがカッコいい

  と思っているマウンティングタイプ

 

3  自分がスポーツで成功できず、自分の

   やりたいことを教え子にやらせよう

   とする、自分の教え子が成功したら

 自分のおかげだと強調する劣等感タイプ

 

 

  書いてるだけウンザリする連中だ(笑)。日本でスポーツやったことあるなら

こういう連中に当たったことはあるだろう。

 

 この3つのタイプを掘り下げて、どんな悪影響があるのかを説明しよう。

 

 

1  相手の事を考えず自論をひたすら

   押し付ける体育会系タイプ

 

 昔から多いのがこのタイプ。指導という名の洗脳を行っている(笑)

 

 完全に本人の思考力を奪いに行ってるのがマズい所だ。

 

 さらに恐ろしいのが指導を受けた人間が自分が教わったことが正しいと

 思ってしまって、他の人間に押し付けるようになってしまい、悪循環が続くところだ。

 

 恐らく、最近ニュースを騒がせているのはこのタイプ。

 

 

2  偉そうに指導することがカッコいいと  

  思っているマウンティングタイプ

 

  とにかく自分が目立ちたいのが

  このタイプ。指導者とはなんぞや?

 

  わざとらしい大げさなリアクションが特徴で、とにかく知ったかぶる。

 

  知ったかぶって俺すごいだろどやっ? おれの指導凄いだろ? と

  とにかく同意を求めてきます。そして偉そうにすることで優越感に浸ってます。

  が、ぶっちゃけ大した指導はできないです。

 

 だからといって文句言っちゃだめだよ!  

 陰湿にいじめてくるから。

 

  女子タイプといってもいいかも、あと偉そうなくせに実は自信ないです。

 

 

3  自分がスポーツで成功できず、自分の

   やりたいことを教え子にやらせよう

  とする、自分の教え子が成功したら自

  分のおかげだと強調する劣等感タイプ

 

  

 タイプ1と似てるかもしれませんが、前向きなとこが違います。

 ただやることがやっぱり自分本位なんです。

 

  親とかでもこういう人はいますね。自分の理想を押しつける人が。

 

  教え子や子供からすれば、

 俺はお前の道具じゃねえんだぞ

  と言いたくなるでしょう。

 

 

 

 

  いずれのタイプでも当てはまるのが、自分本位の人間で人のこと考えてないオナニー人間だという事です。

 たぶんこの人たちは現役時代もオナニー選手だったんでしょう。指導をやりたがる人間は勘違いしてる人が多いと思います。

 

  そしてこういう人たちは自分と同じ人間を作りたがる。

 

  その結果、めんどくさいオナニープレーヤーが

  増える、んでそのオナニープレーヤーが引退して、

 オナニー指導者になる。

 

      

     まさに悪循環

 

  

 

 こういった淘汰されるべきオナニー指導者が

 存在する理由、、、それは指導を受ける選手、もしくはその親が指導者の良し悪しを見抜けないからだ。

 

 

 

 

 

  オナニー指導者の見抜き方

 

 

 さてこういったオナニー指導者に引っかからないためにどう見抜けばいいかをお教えします。上に書いたよく居るオナニー指導者タイプも参考にしてください。重要なのは次のポイントです。

 

   1  こちらの話を聞いてくれるか

   2  自分本位ではないか

   3  公平に人に接しているか

   4  態度が偉そうではないか

   5  肩書を信用しないこと

     

 

 

  この5点に気を付けてみるとオナニー指導者にひっか   

 かることはないはずです。

  最初はわからなくても長く見ていれば必ず綻びが出ますから。

 

  今の時代は指導者を選ぶ時代です。安易に信用してはいけません。

 自分のためにも、スポーツ界のためにもしっかりと指導者は選びましょう。

 

  

 目指せオナニー指導者撲滅!!

 

 

       

 

  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アジアカップ 総括 

 日本は強くなったが、アジアの他の国も強くなった。
 
 日本の弱点は以前と変わらず。
 
 親善試合に勝ち続けて、マスコミは強いと煽ったけどそこまで強くなかった。
 
 
 
 簡単に書くとこんな感じ。
 
 
日本だけでなく他のワールドカップ出場国も苦戦してたので、アジアの中堅国のレベルは上がったと思う。
 
ただオーストラリアはレベルの低下が深刻のようで、次のワールドカップの出場は難しそうだ。
 
日本も前回に比べて際立って変わったところは無い。変わったのは選手の質が少し上がったぐらいか。
 
やはり日本代表の以前のような劇的な伸びはこれからは無さそうだ。
 
 サッカーが発展していなかった国が強化をして、ワールドカップベスト16に入ることはある。ただそれ以上、上に行くのは簡単ではない。
 
 ベスト8に進出した顔ぶれをみれば、プロサッカーの歴史と実績がある程度以上にある国だ。
 
 簡単に言うと欧州、南米の中堅以上の国。
そこにアフリカ、メキシコがたまに混じるぐらい。
 
 この前にベルギーと接戦したから、上手くいけば行けるだろうと思っている人もいるかもしれないが、そう簡単にはいかない。
 
 今回負けたカタールにしろ、運が良ければベスト16に入れるぐらいだと思う。
 
 ある程度のレベルまで来たらそこからは地道に底辺から底上げするしかない。
 
 各カテゴリーのトップレベルの強化は十分やっていると思うけど、これ以上、上を目指すなら、下部リーグの強化が必要だ。
 底辺がよくならないと、サッカー人口が増えないし、選手層が厚くならない。
 
 日本のレベルが上がったとよく聞くけど、相変わらず槙野が選ばれてるし、控えのメンバーのパフォーマンスには疑問符が付く。
選手層が薄い証拠だよ。
 それに現レギュラー陣の限界も見えてる。
 
 選手だけでなく、マスコミやファンのレベルを高めることも重要。
 とにかく選手を褒めるような記事、それを信用するファン。
 
 日本代表に勝ってもらいたければ、もっと要求レベルを高くすべきなんだ。
 
 今はそれを目指せる環境も揃ってる。アジアカップを勝てる戦力 、環境がありながら勝てなかったんだから、もっとメディアに言われてもいいはずだし、今回のメンバーが次に呼ばれるようなことがなければよい。
 南野なんかは当然だよね?
 
 でも実際は今のメンバーを中心にチームが再編されるだろう、他に人材がいないから。
 
 
 今大会を見て新ためて、下部リーグの強化とマスコミ、ファンのレベルアップが必要だと再認識した。 

日本サッカーを蝕む、勘違いオナニープレイヤー

 サッカー界のビートたけしと呼ばれる伊藤です。
 
 今日のテーマはコレ
 
                 オナニープレイヤー
 
 
ネットなんかでも使われていますが、
 
我々の間では自分勝手なプレーをして、気持ち良くなっているプレイヤーのことを言います。
 
 オナニープレイヤーは日本だけで無く世界中にいると思いますが、今回は日本でよくいる周りをゲンナリさせるオナニープレイヤーについて語って行きましょう。
 
 
 日本でよくいるオナニープレイヤーは次の特徴を持っています。
 
 

・テクニシャンぶるけど実際はそんなに技術がない

 

・やたらカッコつける、文句が多い

 

・素人目には上手くプレーしてるように見えるが、実はチームの足を引っ張ってる。

 
 
 
 こういう連中があなたのチームにいたりしませんか?
 
 
 こいつと一緒にプレーしたくねーとか思ってるだろ?
 
 
      それは正しい。
 
 
実際、一緒にプレーするとイラッとする。
 
私はディフェンダーだから、せっかく奪ったボールをオナニープレーされて、奪われた挙句、守備もしないオナニープレイヤーがいると  、そいつにはパス出さない。
 
 ボール欲しかったら、てめぇで取ってこいよって言いたくなるね。
 
 
遊びサッカーでも、できないのにやたらドリブルして奪われる奴いるけど、そういうことをされると周りは全然面白くない。
 
そうなると自然とサッカーする人は減ってくる。
 
サッカー人口が減る=日本サッカーの衰退だ。
 
ただでさえ少子化で若い子が減ってサッカー人口が減ってるんだから、自己中オナニープレーはやめよう。
 
そしてやってるやつがいたら注意して、それでもやめなかったら、パスを出すな。
 
そこまでしないと自己中人間は変わらないから、手加減なしで厳しくいこう。
 
これも教育だね。

ファーストタッチを見ればその選手のレベルがわかる

お久しぶりです。三十過ぎて全盛期の伊藤です。
 
 今日のテーマは題名の通りファーストタッチ。これのレベルでその選手のレベルがわかってしまうというぐらい重要な技術です。
 
 なぜわかってしまうのか? その理由を説明しましょう。
 
 
 まずプレーと言うのは、トラップから始まります。この時にコントロールが悪いとボールを失ってしまいます。ボールを取られなくても、次のプレーが制限されます。
 
 プレーが制限されると相手のディフェンス陣の連動したプレスをかけられ、追い込まれてしまいます。
 
 逆にファーストタッチのコントロールが良いとディフェンスが寄せて来づらくなり、続くプレーのキックが正確になります。
さらにファーストタッチで相手をかわせると次のプレーの選択肢が大幅に増えます。
 
 このようにファーストタッチいかんで、次のプレーの質が大幅に変わってしまうのです。
 
 マチュアとプロを見ればこの差は歴然です。
 
 アマでファーストタッチを足元に置いてしまって、相手のディフェンスがマークを修正してしまう時間を与えてしまうのはよく見る光景です。
 
 上のレベルでプレーしたいのであれば、ドリブルスキルよりもファーストタッチを自分の意図した所に、正確にコントロールするスキルが絶対必要です。
 
 fc veteranosではこれを徹底して、習得します。
 
 

ロシアワールドカップ予想

 さてワールドカップが近いので 恒例のワールドカップ予想をやります。
 予想を始める前にまず出場国の個人的偏差値ランキングを発表します。
 
1位 ブラジル
2位ドイツ
3位 スペイン
4位 フランス
5位 コロンビア 
6位 アルゼンチン
10位 ベルギー
17位 ナイジェリア
19位 ペルー
20位 メキシコ
22位 エジプト
23位 スイス
24位 モロッコ
25位 韓国
26位 日本
28位 パナマ
29位 オーストラリア
30位 ロシア
32位 イラン  
 
 偏差値は単純に代表チームの強さだけではなくその国のサッカーの文化レベルを考慮に入れています。 異論反論もあると思いますが この偏差値ランキングからさらに 5つにグループに分けて 各国別に解説します。
 
 
第一グループ 優勝を狙う国
 
ブラジル
ブラジルは今回の優勝候補だと思います。 なんといっても前回の 惨敗 を払拭すべく優勝を狙いにくると思います。 ただ懸念事項としては 年々選手の個性がなくなってきて ヨーロッパ的な選手が非常に増えてきました。 そういった意味で ライバルの ヨーロッパの優勝候補は以前よりも ブラジルに対して 与し易いと考えてるのではないでしょうか。
 
スペイン
スペインも優勝候補ではあると思いますが 以前ほどの強さはないと思います 。イニエスタが衰えた影響が どのくらいなのかが気になるポイントです。
 
ドイツ
ドイツは相変わらず優秀な選手を揃えています。 前回の優勝国であり 優秀な若手もどんどん出てきているので今回も有力な優勝候補ではあります あえて欠点を挙げるとすれば ラームの引退 フォワードの選手層が薄いということではないでしょうか。
 
フランス
フランスも今回は非常に良い選手を揃えています。ただし恒例の内紛が起きるかどうかが懸念事項です。内紛がなければ 今回は優勝のチャンスです。 各ポジションに優秀な選手を揃えていて 穴が見当たらないので 個人的には今回の 優勝国はフランスだと思います。
 
 
第二グループ  ベスト4を狙う国
 
コロンビア
コロンビアは前回よりも選手層が厚くなったと思われます。 ファルカオが復帰したので より得点力は高まっています。 ただそれでも優勝 狙うには タレントが足りないと思いますので第2グループになりました。
 
アルゼンチン
アルゼンチンは残念ながら優勝候補ではないと思います 国内のリーグの衰退は明らかで、有望な若手はほとんどおらず確実に選手層は薄くなっています。 メッシは健在ではありますがスピードの衰えは年々出てきています。 さすがに2.3人にマークされては活躍は難しいでしょう。 ディフェンス陣、ミッドフィルダー陣にはタレントがほぼいないので 8人で守ってカウンターという戦術を取らないとスキが多いと思います。
 
イングランドはおそらく育成の成果もあって最近は有望な若手が出てきて期待が持てると思います。 ただしやはり優勝は今回は厳しいのでベスト4が目標だと思います 。ハリーケイン の 調子次第では ベスト4は十分狙える目標だと思います。
 
ウルグアイはおそらく前回に比べてタレントは少なくなったと思われるので ベスト4は正直厳しいかもしれません 。守備はやはり固いのである程度計算は立つと思いますのでベスト16はもう間違いないでしょう。 決勝トーナメントを勝ち上がっていくには PK戦狙いなどしぶとく戦っていく必要があると思います。
 
ポルトガルクリスティアーノロナウドの調子次第ではありますが クリスティアーノロナウドを活かす ミッドフィルダーの選手 、 ディフェンスの選手 などは 十分ではないと思うので 固い立ち回りが求められると思います。
 
ベルギー
ベルギーは最近優秀な選手を輩出しており FIFA ランキングも上位に位置しています。
ビッククラブに所属する選手も 非常に多いですが 国際舞台の実績においては 目立った成績はないので今回のワールドカップは非常にチャンスではあります 。
 ただ巷で評価されているほど私はベルギーが優秀だとは思いません、 選手のネームバリューを考慮してベスト4はあると思いますので、 一応第2グループには入れましたがおそらくベスト8 になるんじゃないかなと思います。
 
 
今回は第2グループまで書きましたので次回は日本を含めた 第3グループ、第4グループ、第5グループのチームについて書いていきます。

FC veteranos ではおだてるような指導はしない

  日本では あまり面と向かって きついことを言うようなことは少なくなってきましたが、 私は指導する時にはその人のためであれば きついことを言います 。

 ただそれは昔の部活動のようにただ文句を言っているのではなくて、 根拠に基づいた上で指摘を行っているのです。

 

 私にとっては一応来てくれる方に関してはお客さんのような 扱いではあるのですが それでもおだてるのようなやり方はしません。

  それはその人のためにならないからです。

 おだてを求める人、 ご機嫌取りを求めている人は 他のクラブをお勧めします。

 

  FC Veteranosは上手くなりたいと思う人が 合理的な練習を求めて訪れる場所であると思うので しっかりと目的を持った上で練習をしていただいています 。

 

 指導始めて半年近く経ちますが 人によっては 練習参加をお断りさせていただいている場合もあります。

 

 それは先ほども述べた通りにしっかりとした目的があった上で 練習を行うというのではなくて、 なんとなく 上手くなりたいという曖昧な動機の方、サッカーの本質に対して理解が無い方などに関しては お断りさせていただいております。

  目的がなければどこに向かっていいかも分かりませんし、真剣に取り組もうという姿勢も出てきません。そのような方の指導を行うのは 非常に困難です。

 

 私はやる気と目的のある方にはトレーニングを提供することはできますが、そうでない方に指導を行うのは、残念ながらお互いに時間の無駄なのです。

 

 もし今練習参加を検討されている方は 時間を無駄にしないためにもしっかりと自分の状態を分析して目的を立ててから 練習に参加していただくことをお勧めします 。