FC Veteranosのブログ

FC Veteranos代表の伊藤 浩嗣が主にサッカーとトレーニングについて語ります。

地味なチリ 久保と中島が華麗なドリブルを魅せた日本   その結果は、、、、、、

 


Japan vs Chile 0-4 Highlights & All Goals - Copa America 18/6/2019

 

 

 

  日本がボロ負けしてメシウマのアンチ日本代表の伊藤です。

 

 負けるとはわかってたけど、こうもあっさり負けると

アンチ日本代表の俺でも

もっとなんかできたんじゃないの?と思う。

 

 まあ簡単に言うといつもの如く負けたので、教材としては良いゲームだったかな。

 それはコパアメリカが終わってから書くとして、

今回は題名通り、

   

   地味華麗の対決

 

 

でどうしてこんな結果になってしまったのか、

チリはあまり上手そうなプレーしてないじゃないか、

何で勝てるんだ。と日本人が言いそうなので

その原因を俺なりに説明しよう。

 

 

 

 

1. ぶっちゃけたとこ、華麗なプレーとかうまいプレーをしなくても試合には勝てる。

 

 

  チリはセオリー通り序盤はリスクを避けて日本の様子をうかがった。おそらく前半の失点を避けたかったはず。そして日本の弱点を見つけて攻撃した。

 

 それが日本の左サイド。中島が下がって守備をしないので左サイドで数的優位を作ってそこから攻めた。

ただそれだけ。

サイドからあまりプレッシャーがない状態で

パスを出されれば少しマークがずれたら失点の可能性が高い。そしてマークが外れたところに2点目のミドル。

 

 その一連のプレーに日本人が好む華麗なプレーとか、難しいパス回しとか、エロい(笑)プレーは無かったはずだ。

 

 たぶんテレビで見てた人は 「あっ なんか入っちゃった」 ぐらいの印象だろう。

 

 

 

2.  日本人が大好きな素早いテクニシャン 中島と久保のドリブルはかわしても危険なゾーンに入れず、得点につながるプレーが出来なかった。

 

 

  

 恐らくチリは序盤でこの二人の危険性に気付いたはずなので、一対一での対応は避けた。また危険方向に行けないようにした、抜かせても味方がいるところ。

 

 例外は後半の久保君の突破だけか、あれも外に流れていたからファーサイドを狙うのは厳しかったかもしれない。

 

 結果としてこの二人がドリブルしてもシュートかラストパスを出せなかったので、点が取れなかった。 

 

 

 そして上で述べたように中島サイドから攻められて失点。逆に日本は中島サイドから点を取れない、という事は中島がいると弱点にしかならない。故に交代。

 交代させられた理由は定かではないが、この推測もあながち間違ったものではないと思う。

 

 日本人から見ると 「うわー中島うめー 中島がいれば点取れそう」  と思うかもしれないが、実情は弱点だ。

 

 

 

 

・こういったプレーを続けた結果、、、、、

 

 

 

 チリは気の抜けた守備をしながらも無失点、効率よく攻めて4点。

 二点とってから省エネに入ったので、消耗も少なく次の試合に臨める。

 

 逆に日本は、事前に用意した策がうまく行かず、ゲーム中にも修正できず、まんまと相手にペースを握られて負けてしまったわけだ。

 

 

 チリの選手たちは地味だけどやるべきことをやって、効率よく勝った。

 

 日本の選手はたぶん綺麗に攻めようとして、余計なことをしていた。その結果うやむやの内に大差で負けた。

 

 

 だから日本人で難しいパス回しをやりたがる連中とか、

綺麗に崩そうと思ってるファッションサッカープレイヤーはぜひこの試合を参考にしてくれ(笑)。

 ホントに勝ちたかったらね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

サッカーの基本は2タッチだと思うんだけど、、、、パス回しで大事なことは?


Goal by Esteban Cambiasso. Argentina vs Serbia - Germany 2006 world cup

 

 

 昔、超絶2タッチプレーが苦手だった伊藤です。

いまは逆に2タッチが習慣づいてるから、別にパス出さなくてもいいとこでも出しちゃう、2タッチのリズムが途切れると仕掛けづらくなるからね、、、

 

 さてこの動画のアルゼンチンのゴール、パス回しまくって一点取ってる。全部が全部2タッチプレーではないが。

 日本人がこれ見たら、スゴイテクニックガアリマスネー としか言わないんだろうけど、

テクニックがどうのこうのだけではない、もっと大事な要素がある。

 

大事な要素 その1  一定のリズムでパスを回すことにより全員のペースを合わせている

 

 

  パス回しの前半はホントにただ回しているだけ、でもこれで自分たちのリズムにしている。セルビアモンテネグロもうかつにはボールを奪いに行けなくなり、いつのまにか後手に回っている。

  これで攻める準備完了。

 

 

 

大事な要素  その2  常に顔を出してパス          

            コースを複数作る。

 

 

  当たり前かもしれないけど、これが出来ていないチームが日本には多い。

 別に素早い動きでマークを外している訳ではないが、少し動くだけでもパスコースは出来る。

 

 

 

大事な要素  その3   仕掛ける時はスピードを上げるがリズムは崩さない、常に余裕を持ってプレーする。

 

 

  この動画ではソリンが縦パスを出した瞬間にスピードが上がってるが、プレーリズムは一定だ。 

リズムが崩れるとトラップがずれる→相手が寄せてくる→プレーが制限される→フィニッシュに持ち込めない  という展開を日本代表とかJリーグなんかでもよく見ると思う。

 

   そしてこの動画の得点者カンビアッソはシュートを打つ時にフェイントを入れてる。これは余裕があるからできるのであって、ゴール前であっても一瞬のノーマーク状態が作れるという事だ。

 

  

 

 

 結論  呼吸が合わないとプレーがずれる

 

 

 

 人間は基本的に息を吸って吐くときに動作を行うと思われる。なのでこのペースが乱れると上手く動作が行えなくなると考えられる。実際、息が乱れている時にいつもできているプレーが出来ないという場面に出くわしたプレーヤーは多いはずだ。だから全体で呼吸のリズムを揃えるのは超大事。

 

  

  なのでパス回しの時に大事なポイントは

 

1  まずはボールを落ち着けて、余裕をもってキープする。

2  全体が同じリズムでパスを回す。

3  アタッキングサードでもリズムは揃える。仕掛ける時は一気に仕掛けて止まらない。

 

  

 慣れれば余裕があるからフェイントをいれて相手を外すといったこともできるはずだから、しっかりと自分たちのペースで主導権を握っていこう。

 

 

 あと大事なのは奪われるのを恐れて顔を出さないこと、これが日本人には超多い。

 

ミスしたら揚げ足取られるのが日本だから怖がるのはわかる。

 

 でも顔を出さなくなると相手が楽になるだけ、文句なんか気にしないで積極的に顔を出そう。

 

  

 

努力するナルシスト クリスティアーノ・ロナウド

 
 
こんにちは、クリスティアーノ・ロナウドと生まれた年が同じな伊藤です。
 
 動画のロナウドのシュート見た?
あのシュートヤバ過ぎ。利き足じゃなくてもあのスピードとコース。久しぶりにシビれたね。セルジオ越後並に辛口と言われる俺が絶賛してしまうヤバイシュートだよ。あのハンダノビッチがニアサイドなのに1歩も動けないぐらいなんだから。
 
 さて今回は久しぶりに私をシビレさせてくれたクリスティアーノ・ロナウドについて書いていこう。
 
  個人的に奴が凄いと思うところは、傲慢なのに努力するところだ。
 
  傲慢な点取り屋はいっぱい見てきたけど、奴らはたいがい、練習熱心じゃない。
 まあ自分が凄いと思ってるんだから努力しないのは当然なんだけど、そういう才能にかまけた連中は安定感がないし、長続きしない。
 ロナウドとメッシが凄いのは高いレベルを維持しているところ。二人共モノすごい努力しているらしい。
 
 ただロナウドがメッシを上回っているところは、よりプレーの幅を広げたという点だ。
 元々ロナウドサイドアタッカーの選手。
キレのあるドリブルが持ち味の選手だったはず。それが今は点取り屋だ。
 典型的な9番ではないが、年を経るごとにポジショニング、ボールの受け方、合わせ方が良くなっている。
 
 トップスピードとアジリティは下がってしまって、ドリブル突破はできなくなったが、自分の状態を考えてスタイルを変えてきた。
 これは簡単にできることじゃない。
 
  スタイルを変えたことによって、世界最高の選手であるメッシに食い下がっている。
 
 俺的にはメッシは天才、ロナウドは才能はあるが天才ではないと思っている。
 
 そんな天才に努力で食い下がっているというのは、超オドロキ。一体どんなトレーニングをしているのだろうか?
 
 さてここまではクリスティアーノ・ロナウドを褒めちぎったけど、まだ足りないと思うところはいくつかある。
 
 一つは奴が昔からやっていると言われている筋トレ。筋トレやると余計に身体が固くなるから、筋トレやめて柔軟性を高めるトレーニングをやれば、ある程度、スピードとアジリティが戻るんじゃないかな。
 
 もう一つは走るフォーム。今は前ほど目立たないけど、走る時に手を意図的に前に振っている。
 手を前に振ると、ブレーキが掛かると言われているので、前に振るよりも、力を抜いて肘を後ろに上げたほうが良い。
 
 
 これらのことが改善されれば、より無駄がなくなりパフォーマンスの向上、怪我のリスクの低下、選手寿命が長くなることが期待できると思うから、
クリスティアーノ・ロナウドはこのブログを読んでくれないかな?(笑)

アマサッカーでケガをしない方法


【乱闘】バルサVSレアル クラシコ最強の削り合い

  

 サッカー界のアイアンマンと呼ばれる伊藤です。

 

 さて今日はサッカー中にケガをしない方法を具体的に書きます。

 

 なんでかっていうと、私の知り合いが靭帯切ったからです。

 

 大体怪我しそうな人はパターン決まってるんで、それから書いていきましょう。

 

1  やたらと突っ込んでいく人

2  走れないのにドリブルして止まれない人

3  不用意にボールを持ちたがる人

 

 これに加えて普段運動してない人、力みがある人はさらにケガの確率が跳ね上がります。

 

  怪我のパターンとしてはいずれのタイプも接触した時にケガをすることが大半です。

 

  1は自分から突っ込んでいき、2は止まれないゆえにボール取りに来た敵に突っ込んでしまい、3はボールを持ちすぎて敵がボールを取ろうと突っ込んできます。

 

 そして突っ込まれて蹴られたとかの打撲だったらいいのですが、こういう時に膝や足首を捻ること非常に多い。とっさに動こうとするときはものすごい力が働くのですが、柔軟性が欠けているとそれが悪い方向に働いて悲惨なケガになります。

 

 こういったケガを回避する方法は  

”80%の力でプレーすること” 

 ”球離れを早くすること” 

”不利な状態からのセカンドボールに無理にチャレンジしないこと”  です。

 

 

 まず力を抜くこと。これとトラップが出来れば相手が突っ込んできてもかわせるはず。

 

 そして不用意にボールを持たないこと、 取れると思ったら相手は突っ込んできます。

状況が不利ならさっさとパスを出しましょう。

 

 そして最後にこぼれ球などを拾う時、無理にスライディングなどせず相手がトラップしたところを狙いましょう。プロとかアマチュア強豪でなければ、一時期流行った

ツヴァイカンプフ はそこまで求めれないはずなので、安全第一です。我々には生活があるので。

 

 とまあこんな感じでやってれば、そこまでひどいケガをすることもないでしょう。

このクラブを始めてから1年半周りには言い続けてるんですけど、やっぱりケガをする人はいるんで、まとめてみました。

 

 

 

 

 

Jリーグとヨーロッパトップレベルの感覚のズレが見れた典型的な場面


[サッカー日本代表] 吉田麻也のVAR必須級のトラップミス。。

 

 

 日本サッカー界のオビワン・ケノービと呼ばれる伊藤です。

 

まずは上の動画を見てください。どうです?

 

ものすごい危険なプレーですね。相手が2流以上の国だったら失点してました。

 

これは吉田のミス? 権田の判断が悪い? どっちなんでしょう?

 

これを私の経験を元に解説しましょう。

 

 

いきなり結論書いても面白くないので、この場面で二人が何を考えていたか推測しましょう。

 

まずは権田。

 

権田「あ、バックパス来た。どうしよー、クリアするのもったいないな、あ、敵来ちゃった、敵が近いけど吉田に出しとこ、後から来てるけどたぶん取られないだろ。

 

そしてこの時、吉田は

 

吉田「前に着けられないからキーパーに預けよう。リターンが来るかもしれないから周り見とこ、あっ敵近いからパス来ないな、うわっ敵が近いのにパス来たっどうしよ、ボランチ空いてたけど後ろから敵来てる、クリアするか?!やべっどうしよー!」

             ↓

          トラップミス

 

たぶんこんな感じ。この場面でなぜ吉田は焦ってしまったのか?

権田は吉田なら処理できると思ってパスを出したはず、

でもおそらく吉田は8割方パスは来ないと思っていた。

この認識のズレが致命的なミスになっていた。

なぜ認識がずれるのか。

 

それはJリーグプレミアリーグのフィジカルコンタクトの許容度の違いがあるからだ。

おそらくJリーガーの認識では、敵が後ろから来ても身体が入っているから、

そうそう失うことはないだろうと考えるだろう。

 

 

 しかし当たりが激しい国ではそうはいかない、後ろから激しく当たられて倒れても笛がならないことがあるからだ。

 

 

 倒れなくても強く当たられると次のプレーが物凄く制限され、遅くなる。その間に相手はパスコースを消して、さらに寄せてくる。

 

 こうなると非常に危険なのはわかるよね?フィジカルコンタクトの許容度の違いでここまでプレー難度に差が出る。

 

 実際、乾がブンデス二部でやってた時に、低い位置でボールを受けた時に後ろから思いっきり当たれて倒れたけど、笛が鳴らずそのままボールを奪われて失点、という場面があった。

 

 だから日本と他のリーグでは背を向けた時のプレー難度は違うんだ。ジャッジの基準が違うから、

 

 繰り返すけどこういうプレーをレベルが高い相手に

やると致命傷になるんだよ。

 

 これを解決するには日本のジャッジの基準を

 ヨーロッパのトップに合わせるしかないんだけど、

世界基準がどうのこうのと言ってる割には、

そういう所は合わせようとしているようには見えない。

 

 

 ルールが変わらないと同じ土俵に立てないから、早く何とかした方がいいと個人的には思うけどね。

 

  

 

  

 

 

 

 

サッカー界だけでなく、スポーツ界を蝕むオナニー指導者

みなさん、こんにちは。サッカー界の汚い松岡修造と呼ばれる伊藤です。

 

  前回はサッカーつまらなくさせるオナニープレーヤーをテーマに記事を書きましたが

 今回はそのオナニープレーヤーより悪い意味で影響が

大きい、オナニー指導者について書きます。

 

  昔からいつかは書こうと思っていた、このオナニー指導者。

 

なぜならこのオナニー指導者のおかげで日本のスポーツ界の発展が妨げられ、スポーツの楽しみがなくなっているからです。

 

 

  まずは典型的なオナニー指導者のタイプを挙げてみよう。

 

1  相手の事を考えず自論をひたすら

   押し付ける体育会系タイプ

 

2  偉そうに指導することがカッコいい

  と思っているマウンティングタイプ

 

3  自分がスポーツで成功できず、自分の

   やりたいことを教え子にやらせよう

   とする、自分の教え子が成功したら

 自分のおかげだと強調する劣等感タイプ

 

 

  書いてるだけウンザリする連中だ(笑)。日本でスポーツやったことあるなら

こういう連中に当たったことはあるだろう。

 

 この3つのタイプを掘り下げて、どんな悪影響があるのかを説明しよう。

 

 

1  相手の事を考えず自論をひたすら

   押し付ける体育会系タイプ

 

 昔から多いのがこのタイプ。指導という名の洗脳を行っている(笑)

 

 完全に本人の思考力を奪いに行ってるのがマズい所だ。

 

 さらに恐ろしいのが指導を受けた人間が自分が教わったことが正しいと

 思ってしまって、他の人間に押し付けるようになってしまい、悪循環が続くところだ。

 

 恐らく、最近ニュースを騒がせているのはこのタイプ。

 

 

2  偉そうに指導することがカッコいいと  

  思っているマウンティングタイプ

 

  とにかく自分が目立ちたいのが

  このタイプ。指導者とはなんぞや?

 

  わざとらしい大げさなリアクションが特徴で、とにかく知ったかぶる。

 

  知ったかぶって俺すごいだろどやっ? おれの指導凄いだろ? と

  とにかく同意を求めてきます。そして偉そうにすることで優越感に浸ってます。

  が、ぶっちゃけ大した指導はできないです。

 

 だからといって文句言っちゃだめだよ!  

 陰湿にいじめてくるから。

 

  女子タイプといってもいいかも、あと偉そうなくせに実は自信ないです。

 

 

3  自分がスポーツで成功できず、自分の

   やりたいことを教え子にやらせよう

  とする、自分の教え子が成功したら自

  分のおかげだと強調する劣等感タイプ

 

  

 タイプ1と似てるかもしれませんが、前向きなとこが違います。

 ただやることがやっぱり自分本位なんです。

 

  親とかでもこういう人はいますね。自分の理想を押しつける人が。

 

  教え子や子供からすれば、

 俺はお前の道具じゃねえんだぞ

  と言いたくなるでしょう。

 

 

 

 

  いずれのタイプでも当てはまるのが、自分本位の人間で人のこと考えてないオナニー人間だという事です。

 たぶんこの人たちは現役時代もオナニー選手だったんでしょう。指導をやりたがる人間は勘違いしてる人が多いと思います。

 

  そしてこういう人たちは自分と同じ人間を作りたがる。

 

  その結果、めんどくさいオナニープレーヤーが

  増える、んでそのオナニープレーヤーが引退して、

 オナニー指導者になる。

 

      

     まさに悪循環

 

  

 

 こういった淘汰されるべきオナニー指導者が

 存在する理由、、、それは指導を受ける選手、もしくはその親が指導者の良し悪しを見抜けないからだ。

 

 

 

 

 

  オナニー指導者の見抜き方

 

 

 さてこういったオナニー指導者に引っかからないためにどう見抜けばいいかをお教えします。上に書いたよく居るオナニー指導者タイプも参考にしてください。重要なのは次のポイントです。

 

   1  こちらの話を聞いてくれるか

   2  自分本位ではないか

   3  公平に人に接しているか

   4  態度が偉そうではないか

   5  肩書を信用しないこと

     

 

 

  この5点に気を付けてみるとオナニー指導者にひっか   

 かることはないはずです。

  最初はわからなくても長く見ていれば必ず綻びが出ますから。

 

  今の時代は指導者を選ぶ時代です。安易に信用してはいけません。

 自分のためにも、スポーツ界のためにもしっかりと指導者は選びましょう。

 

  

 目指せオナニー指導者撲滅!!

 

 

       

 

  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アジアカップ 総括 

 日本は強くなったが、アジアの他の国も強くなった。
 
 日本の弱点は以前と変わらず。
 
 親善試合に勝ち続けて、マスコミは強いと煽ったけどそこまで強くなかった。
 
 
 
 簡単に書くとこんな感じ。
 
 
日本だけでなく他のワールドカップ出場国も苦戦してたので、アジアの中堅国のレベルは上がったと思う。
 
ただオーストラリアはレベルの低下が深刻のようで、次のワールドカップの出場は難しそうだ。
 
日本も前回に比べて際立って変わったところは無い。変わったのは選手の質が少し上がったぐらいか。
 
やはり日本代表の以前のような劇的な伸びはこれからは無さそうだ。
 
 サッカーが発展していなかった国が強化をして、ワールドカップベスト16に入ることはある。ただそれ以上、上に行くのは簡単ではない。
 
 ベスト8に進出した顔ぶれをみれば、プロサッカーの歴史と実績がある程度以上にある国だ。
 
 簡単に言うと欧州、南米の中堅以上の国。
そこにアフリカ、メキシコがたまに混じるぐらい。
 
 この前にベルギーと接戦したから、上手くいけば行けるだろうと思っている人もいるかもしれないが、そう簡単にはいかない。
 
 今回負けたカタールにしろ、運が良ければベスト16に入れるぐらいだと思う。
 
 ある程度のレベルまで来たらそこからは地道に底辺から底上げするしかない。
 
 各カテゴリーのトップレベルの強化は十分やっていると思うけど、これ以上、上を目指すなら、下部リーグの強化が必要だ。
 底辺がよくならないと、サッカー人口が増えないし、選手層が厚くならない。
 
 日本のレベルが上がったとよく聞くけど、相変わらず槙野が選ばれてるし、控えのメンバーのパフォーマンスには疑問符が付く。
選手層が薄い証拠だよ。
 それに現レギュラー陣の限界も見えてる。
 
 選手だけでなく、マスコミやファンのレベルを高めることも重要。
 とにかく選手を褒めるような記事、それを信用するファン。
 
 日本代表に勝ってもらいたければ、もっと要求レベルを高くすべきなんだ。
 
 今はそれを目指せる環境も揃ってる。アジアカップを勝てる戦力 、環境がありながら勝てなかったんだから、もっとメディアに言われてもいいはずだし、今回のメンバーが次に呼ばれるようなことがなければよい。
 南野なんかは当然だよね?
 
 でも実際は今のメンバーを中心にチームが再編されるだろう、他に人材がいないから。
 
 
 今大会を見て新ためて、下部リーグの強化とマスコミ、ファンのレベルアップが必要だと再認識した。